お祓い(神社・寺) 群馬県

龍谷寺

りゅうこくじ

住所

群馬県利根郡みなかみ町師1668




詳細情報

参拝時間
寺務所/授与所
電話番号 settings_phone0278-62-2493
ホームページ http://ryukokuzenji.main.jp/open_in_new
御本尊 薬師瑠璃光如来
山号 金鳳山
院号
宗派 臨済宗建長寺派
開山・開基
創建時期 1124年

龍谷寺の宗派(臨済宗)

臨済宗はその名の通り、会昌の廃仏後、唐末の宗祖臨済義玄(生年不詳 - 867年)に始まる。臨済は中国禅宗の祖とされる達磨(5世紀後半 - 6世紀前半)から数えて6代目(六祖と呼ばれる)の南宗禅の祖・曹渓宝林寺の慧能(638年 - 713年)の弟子の一人である南嶽懐譲(677年 - 744年)から、馬祖道一(709年 - 788年、洪州宗)、百丈懐海(749年 - 814年)、黄檗希運(生年不詳 - 850年)と続く法系を嗣いだ。河北の地の臨済寺を拠点とし、新興の藩鎮勢力であった成徳軍節度使の王紹懿(中国語版、英語版)(生年不詳 - 866年、禅録では王常侍)を支持基盤として宗勢を伸張した。臨済は『喝の臨済』『臨済将軍』の異名で知られ、豪放な家風を特徴として中国禅興隆の頂点を極めた。しかし、唐末五代の混乱した時期には河北は5王朝を中心に混乱した地域であったため、宗勢が振るわなくなる。この時期の中心人物は風穴延昭である。臨済宗が再び活気に満ち溢れるようになるのは、北宋であり、石霜楚円の門下より、ともに江西を出自とする黄龍慧南と楊岐方会という、臨済宗の主流となる2派(黄龍派・楊岐派)を生む傑僧が出て、中国全土を席巻することとなった。南宋になると、楊岐派に属する圜悟克勤(1063年 - 1135年)の弟子の大慧宗杲(1089年 - 1163年)が、浙江を拠点として大慧派を形成し、臨済宗の中の主流派となった。宋代の大慧宗杲と曹洞宗の宏智正覚(1091年 - 1157年)の論争以来、曹洞宗の「黙照禅」に対して、公案に参究することにより見性しようとする「看話禅」(かんなぜん)がその特徴として認識されるようになる。






お祓い(神社・お寺)マップ




心霊気違全国総合マップ

関連記事

-お祓い(神社・寺), 群馬県
-, , , , , , , , , , , ,