お祓い(神社・寺) 栃木県

白鷺神社

しらさぎじんじゃ

住所

栃木県河内郡上三川町しらさぎ1丁目41-6


詳細情報

参拝時間 自由
社務所/授与所 9:00~17:00
電話番号 settings_phone0285-56-4553
ホームページ http://www.shirasagi.or.jp/open_in_new
主祭神 日本武尊
創建時期 783年

白鷺神社のご由緒

延暦二年(783)、疫病(えきびょう)が大流行した時、国守平松下野守(文野高島)が日本武尊(やまとたけるのみこと)の神託によって、疫病退散の祈願のため一祠を建てて祀ったのが始まりと伝えられています。御祭神(日本武尊)は代十二代景行天皇の御子として、日本が一つにまとまり、豊な国となるよう全国を旅されました。それは人々の平安を祈りながらの旅でありました。命がお亡くなりになられた後、白鳥と化して飛び立ったことから、白鳥が飛来し、人々の生活を見守った話など、命に関する話は数えきれないほど伝えられています。後世になり、建長元年(1249)、横田頼業が上三川城を築城した時、宇都宮の二荒明神の祭神 豊城入彦命を勧誘して相殿に祀りました。康暦二年(1380)小山義政が上三川城を攻めた時、明神の森に群れて飛交う白鷺を多くの旗と見誤り、戦わずして退去し、その時より、白鷺明神と云われるようになったとの逸話が残っています。平成元年より大改修事業を行ない、平成四年秋には御本殿改修を始め、拝殿・神門・手水舎・社務所等の新築、及び境内の整備が完成し、白鷺神社の名に相応しい、優雅で荘厳なご神域となりました。また、平成十五年(2003)には御鎮座1220年を迎え、記念事業として「平和の剣」「翔舞殿」を奉納致しました。日本武尊の御神徳益々篤く、地域内外の多くの氏子・崇敬者の方々に信仰されています。





お祓い(神社・お寺)マップ




心霊気違全国総合マップ

落書きや破壊行為、不法侵入(住居侵入罪)は犯罪となりますので絶対に行わないようお願いいたします。迷惑行為などが確認された場合は「CONTACT」から報告をお願いいたします。悪質な内容が確認された場合は記事削除となる場合もございます。

-お祓い(神社・寺), 栃木県
-, , , , , , , , , , ,